治療院の基本方針

院長ごあいさつ

日本古来の伝統鍼灸の専門家として、平成10年から経絡治療専門の治療院を歩んでいます。

スポーツ、筋肉的な鍼灸も然ることながら、全身的な疾患、慢性的な病症の患者様の来院が増えており、そのような症状にも十分対応できるように心がけております。

現在は生後2ヶ月の赤ちゃんから最高年齢94歳の方まで幅広い層の患者様が来院されています。特に慢性的な症状は緩やかでも好成績が期待できると思っています。

診察時間

午前10:00~12:00
午後12:00~18:00 (※)

※土曜日は17:00まで。
※日曜日と祝祭日はお休みです。

当院で使用する鍼(はり)・灸のご紹介

当院では機械(電気鍼、電気灸、マッサージ器具)を一切使用しておりません。
鍼の技術にこだわり、すべて手作業で行っております。

患者様に使用する鍼、灸はすべて最高品質のものを使用しております。鍼は髪の毛ほどの細い銀鍼、金鍼、ステンレス鍼を使用し、ディスポ(使い捨て)です。
すべて優秀な日本製を使用しております。

小児鍼、てい鍼、員鍼等こちらはすべて刺さない鍼(接触鍼)です。
お子様、鍼に敏感な方、アトピー性皮膚炎の方等の治療に使用します。

スタッフ

院長 稲富 順子
鍼灸師 廣瀬 陽子
鍼灸師 廣島 淳子

講演会

2008年5月
札幌大学女子短期大学部 演題「陰陽五行論」
2009年8月
北海道中小企業家同友会 演題「東洋医学から診る更年期障害」
2010年8月
北海道鍼灸専門学校 演題「女性鍼灸院の現況」
2012年6月
札幌商工会議所 大望会 演題「東洋医学・鍼灸の力」

東洋はり医学会 機関紙掲載

  • 「腎孟腎炎」
  • 「頸肩腕症候群」
  • 「はりきゅう専門の道」
  • 東洋はり医学会 研究班代表として発表 「病症から証を導く法」

所属団体

  • 北海道鍼灸接骨師会
  • 東洋はり医学会 本部指導理事、札幌中央支部渉外部長
  • 古典医学研究鍼和会

設立

1983年

ページ最上部へ