院長のひとりごと

9月・10月、研修生受け入れが始まり、考えを改める必要に迫られています。

2019年09月16日

まず、こんな当たり前から始めます。

「ハリをどのツボに、

どのように、

どのくらいの、浅さ、深さ

それはどうして、何のために、

なぜ、

うつの?」

脈診することにより、瞬時、これらの受療者の全身情報を、

受け取ることが出来ます。

 

季節の変わり目をどのようにお過ごしですか?

イナトミは、久々の連休に、つい甘え、ごろごろ、だらだら過ごしています。

でも、

毎日が日曜日を夢見ていても、やっぱり普段は仕事が好き人間です。

 

夏の間に取り組んだイベント、二つも、なんとか終了し、

次の目標に向かっています。

 

9月、再び研修学生さんの受け入れが始まりました。

 

今回の学生さんは、年齢が20歳前半、そして60歳前半、お二人です。

戸惑いました。

20歳代の生徒さんは、これからもいろいろな寄り道が許されると思いますが、

60歳の彼にどのように向き合うと良いでしょか。

 

そして、ふっと、二人は学校で、大変優秀な生徒さんに違いない、そうひらめきました。

結果、若い彼には、寄り道と思って、研修してくだるくらいで良いよーと、思うことに致しました。

しかし、

第2の人生に鍼灸を選択した彼には、こちらの頭を切り換える必要があるようです。

 

世の中はずいぶん柔軟に変化しているのですねぇ、

 

若い頃から修行しなければ高い鍼灸技術を手にすることは出来ない、などと、

思い込んでいることに、ちがうよー、気づきなーと、目の前のAさんが、教えてくれています。

元来頭が固く、視野も狭いと言う偏り人間ですが、それではイナトミ自身も成長がないのですね。

 

初めて、当治療院を研修のため訪れた二人、

Aさん(60代)Bくん(20代)・・・記号で呼ばせてください、

二人を前にして、正直にAさんには引きました。

しかし、この状況はどのようにして生まれたのかを考えてみたのです。

学校側に、二人は経絡鍼灸を学びたいと希望し、

結果、学校側は、ここを、推薦したと言うことです。

 

一応本格的に経絡脈診専門で仕上ているのは、

私の仲間か、そのほかに居たとしても、ほんの数人と思うのです。

(もしかすると、ひっそりと誰の門下にも入らず、独自に学んでいる方も居るとは思うのですが、)

 

先日は、Aさんに、鍼と言ってもいろいろな種類があること、その優れた力を説明させていただき、

次回は、Aさんに自分の肌で体験してもらうプランを立てました。

 

それは、冒頭に掲げた、いつも生徒さんを前にして最初に伝えるフレーズです。

これから第2の鍼灸師人生を、

是非、選択して良かったと、思っていただけたならと、思います。

 

いやーぁ、はっきり言って人生って自分を変えるのは自分なんですね。

また素敵な体験をさせていただいております。

以上

 

 

 

久々の書き込みです。

2019年09月13日

8月3日から、院長の独り言は空白でした。

9月11日、全く陰陽経絡鍼灸にご縁のない、女性起業家さんに

お話を聞いていただき、その前にも、

8月末開催された、3日間の大きな勉強会は、講師役を楽しみ、と、

責任ある仕事を終えました。

準備のため、余分な仕事の手伝いをさせられた、二人のスタッフには、

感謝を込めて、お礼の心を伝えなければなりません。

 

日常に戻ります、そして、治療院の仕事に専念いたします。

 

小さな山を登り終えた充実感と、租借不足もあったりで、

反省もあります。

でも、

大きな力を与えてくださった何かに、感謝と、

最後に、

貴重な機会を与えてくださった、同友会女性部の皆様、

応援くださった皆様ありがとうございました。

 

本当はね、不慣れな仕事だったけれど、実はやっぱり楽しんじゃったぁ、笑。

新規、鍼灸師さんを募集致します、ただし仕事は灸専門です。

2019年08月03日

今年度に入ってから、バタバタ忙しくなりました。

ここ数ヶ月、事務的な仕事にも支障が出る有様です。

受療者の皆様には、

心を込めて対応しておりますが、

いよいよ限界を感じるほどです。

 

イナトミ鍼灸院の特徴は、「経絡脈診鍼灸」で、

全て手作業で行います。

電気も、器具も一切使いません。

 

最近の猛暑で、熱中症状や、冷房症状で、自律神経のバランスを崩された方が、

気持ちの良い治療をと、増え続け、

休憩なしの、

めまぐるしい状況です。

「あれーっ、今日は暇ですねぇ-」って言う日も、勿論あるのですが、

そんな日の、スタッフ二人は事務仕事で、パソコンとにらめっこしてます。

と言うことで、

自分たちの精神衛生も考えなければなりません。

そこで、

とうとう、院長は決意しました。

「スタッフを一人募集するーよー」

二人は、ニコニコ笑顔で、大賛成です。

 

さて、一般鍼灸師さんの中で、

日本古来、経絡脈診鍼灸治療で、独立を夢見る方、

この機会に、検討されてみてはいかがでしょうか?

手前味噌と言われますと、それまでですが、

なかなか面白いですよ。

純粋に鍼灸術だけで、

高い評価を頂く、この実際を、自分の目で確かめるのも良いですよ。

 

美容鍼灸・スポーツ鍼灸・○○ソロジー鍼灸と、流派が多岐に別れ、混沌としたなか、

日本古来の鍼灸術だけで、自分の鍼灸能力を磨くことが出来、

営業が成り立つことを、知っていただきたいと思います。

 

出身校は問いません。

ただし、仕事は、灸治療だけです。

待遇は見習いから始まります。

鍼は別途に修練が必要です。

 

興味おありの鍼灸師さん、問診から、脈診、そして仕上げまでの現場を、

確かめてください。

 

最後に、患者さんから良く言われる言葉があります。

 

「こちらの鍼灸師さんは、この仕事が、お好きなんですね。皆さん楽しそうに、活き活きされていますもの❤❤」

 

ホームページにも、募集を掲載する予定でおりますが、待ち遠しいので、

このコーナーにも書かせていただきました。

 

経絡脈診鍼灸師を考えていらっしゃるなら、このチャンスを生かしてはいかがでしょうか。

お待ちしております。

 

腸炎発熱で、5歳になったゆうちゃん、久しぶりに来院です。

2019年06月26日

かって不妊治療で来院されていた、Mさん家の次男くんのお話です。

ゆうちゃんは5歳、可愛らしく、甘えん坊で、

笑顔がとびっきり魅力的です。

昨日から風邪を引いたのかしらと、思っていると、

突然、

お腹が痛いよーと訴え、

ドカーンと、腸炎の発熱と診断され、そんなとき、ゆうちゃんは、

「イナトミ先生ちへ行きたーい」と、それは嬉しいことを言ってくれるのです。

腸炎のときは40℃近い高熱です。

ちょっと手こずりましたが、熱が下がったとたん、さっさと帰り支度を始めます。

さっきまで泣いていたのが、恥ずかしいのです。

その様子を、

現在不妊治療のため、ご来院されているA子さんには、

どう映っているのかしらと、思いながら、

ゆうちゃん母子にさよならです。

本日のとびっきり幸せ発信でした。

 

 

聴講生は何を求めているのでしょう、鍼灸師の未来を考えてみました。

2019年06月17日

イナトミにとっての古典鍼灸(日本的鍼灸)の学びは、

自分が経営している鍼灸院に通ってくださる、受療者(患者さん)に、

喜んで頂くことだけです。

 

恒例月1度の勉強会が16日、終了しました。

今年に入ってから聴講生が徐々に増え、体制を整える必要が出てきました。

いわゆる講師陣の充実です。

これがなかなか難しいのです。

講師を引き受けると言うことは、引き受けた仲間にとって、ボランティアなのです。

自分の学びをさておいて、1日中聴講生につきあうのですから、それは物足りなく、

一見すると損な役割に違いないのです。

 

講師を引き受けると言うことは、

自身も学びたいであろう、若い会員に、すまないと思うのですが、

いつかその経験も、自分自身の深い洞察力となって、

返ってくるよーと、

心で感謝しているのです。

 

やはりここでも自分の歩いてきた道のりに思いを馳せます。(同じ体験をしてきましたので)

 

イナトミは、未熟で、歩みがのろく、ずいぶん心配くださったはずの先輩たちが、

手をとり、足を持ち上げて、

古典鍼灸の理解へ導いてくださいました。

そして、今は、鏡を見ているように、若い仲間を見、

そのうえ、若い仲間からも教えられているのです。

 

昨日初めて参加された聴講生お二人に、

なぜこの会に参加を決意されたの?と尋ねますと、

「学校の先生の奨め」との答えでした。

 

やっとここまで来た、と、深い感慨を覚えました。

ここまでの道のり、長かったなぁー、でも、スタートラインやっと届いたのかもしれないなぁー、

 

本格的に学びたい一般鍼灸師や学生さんが、お一人でも多く

古典鍼灸の面白さに目覚めて頂きたいと、

層の深さを目的に、また歩き続けます。

 

それにしても20年前のとぼとぼ歩きを思い出すと、あまりに恵まれすぎて、怖ーい、

そして大いなる天に向かって、ありがとーです。

 

NHKテレビ、中国語講座、講師「陳真」さんと言う人がいた、

2019年06月06日

陳真さん(女性)と言う人物がいたことを知りました、

 

ごく最近、

北大医学部で主人と仲が良かったことから、

親交がある、

 

野田正彰氏、精神科医です、

そして

ノンフィクション作家でもあります。

著書多数、2度大宅壮一賞を受賞、ちょっと大物過ぎます。

 

彼に、少しの質問を久しぶりに、させていただく機会がありました、

その後、思いかけず、彼から、一冊の本が届けられました。

 

「陳真・戦争と平和の旅路」、思いやりの人です、

でもイナトミの中では女であっても「武士道」です。

 

さて、物語、

主人公陳真さんは、日本生まれ、

戦争中も、日本在住、中国人として生き、

日本の国民学校を経て、このときは級長も務め、

終戦を日本で迎え、それもつかの間、

革命混乱の台湾、そして中国へと渡り、

しかし、

祖国中国も文化大革命に突入、

安住は晩年の数年です。

 

NHKテレビ中国語講座の講師は

天安門事件のさなか、それから9年、講師を続け、

帰国します。

しかし、

今度は病魔が襲います、「胃がん」

ところが、

ベッドに横たわっていても彼女は、他者をいたわり続けます。

 

見舞いに訪れた野田医師に

訴えた彼女の言葉です、

 

「みんなおかしいのよ、私はここにいて幸せなのに、陰に隠れて泣いているの」

「夫もこっそり泣いているのよ」

 

彼は、死のベッドの彼女に「こんなときにもなぜ彼女は他者をいたわり、思いやるのか」

強い驚きで、そう思ったと書いております。

 

実はイナトミも、ここで雷に打たれたのです。

 

そして、この答えを求めたいと願いました、

 

答えは、駆け足でイナトミの元へやってきました。

藤井英雄精神科医師が解く「マインド フルネス」の講演に参加出来ました。

陳真さんの魂の強さには、とうてい及びませんが、

それでも、学びたいと思います。

 

次は魂の甘えを取り除くために、「マインド フルネス」に取り組んでみたいと思います。

 

 

 

 

お腹の赤ちゃんが安心して育つ環境作りを考えて、

2019年05月02日

五月連休、やっぱり嬉しいですね、

イナトミ治療院も本日から休診です。

五月までを振り返り、印象に強く残ったことを思い出しています。

まず、所属している東洋はり医勉強会で、

池川明産婦人科院長のご講義、「胎内記憶」

お腹の赤ちゃんは、「ママを守るために生まれてきたよ」学研パブリッシング・池川明著、です、

つまり、

第1章、「お腹の中は、あったかかったよ・・・体内記憶」

第2章、「ぐるんとまわって、よいしょって出た・・・誕生記憶」

第3章、「空の上で、ママとパパをえらんだよ・・・中間生記憶」

子供たちが語る、優しさにあふれた不思議な世界を、ご講義されたのです。

赤ちゃんはお腹の中で、お母さんや、お父さんの声を聞いて、安心しながら育つのだそうです。

「お母さんだーいすきって言うために、生まれてきたんだよ」や「僕が来たらママが笑ってくれるかなって思ったの」

と、話す子供がいるそうです。

 

不妊治療や、逆子治療をご希望されてご来院くださる方々に、

驚くほど共通点が見受けられます。

まず冷え性です、  

手足は勿論、下腹部の冷え、のぼせていたり、肩こり、腰痛、眠りが浅かったり、と、よく似ているのです。

この体質を改善することで、赤ちゃんが安心して育ってゆける環境が整うと考えます。

 

お母さんのお腹で安心して、育ちたい、そう思ってもらえる、身体作りを目的に

鍼灸にお手伝いさせてくださいませ。                                                                 

 

 

 

働き方を見直しました、

2019年04月17日

長時間労働の見直しや、子育てとの両立など働き方が問われている中で、

イナトミ治療院も労働環境を見直す必要に迫られていました、

 

と言うことで、

4月から、

火曜日、10時から16時終業

水曜日、10時から14時終業、と時短を決めました、

 

理想としては、従業員が勤務時間を細かく分析して、

自分に合った自由にえらべる時間配分が理想なのだけれど、

専門的な経絡鍼灸術を必要とする職種と言うこともあり、

代替えがなく、

まだまだ理想とはいえないのが残念です。

 

治療院にはイナトミのほかに、2名経絡専門鍼灸師がおります、

私自身は、

まさに後期高齢が迫り、元気に見えても、自重の時を迎えております、

 

20年勤続している、Jさんは、母一人で二人の子育て中、

10年勤続Yさんは、春先に大きな手術をし、現在闘病中です。

 

幸い、華やかな贅沢はできなくても、大地に根ざした営業を続けてこられました。

 

専門的な経絡鍼灸術をコツコツ身につけた、二人は、

未来の、生活設計図を描いているはずです。

 

安心して二人にバトンを渡す準備を丁寧にやり遂げたいと思います。

本日もまた幸せ発信できました。

 

 

 

転居前の経絡鍼灸院から、ご来院くださった、患者さんは、病名を伝えてくださいませんでした。

2019年04月14日

その患者さんは、以前住んでいた土地の経絡鍼灸師さんから、

転居するなら、こちらをと、ご推薦くださったそうです。

初めて治療に当たったときは、

強く左右の肩こりを訴えました。

Oさん、女性、70歳代、身長150、体重50、色白、専業主婦、

 

1週間1度、来院されるようになりました、

 

3回目に、前回2度とも終了後、強い疲労を感じましたと、

思いがけない訴えをされました、

 

虚弱と脈を診て判断しておりますので、

それはそれは、注意深く数本の鍼で終了しております。

驚きながらも、同じように脈を診て、あっと、気がつきました。

そこで、

イナトミ質問「何か病気を伝え忘れておりませんか?」と、

おたずねいたしました、

Oさん答え「そんなことが脈でわかるのですか!」

見つかっちゃったーと言うように、

Oさん「・・・・病」

初めて耳にする非感染症ではありますが、結構注意が必要な病名でした。

こんな時はスマホが役に立ちます。

まして聞いたこともない病名はスマホがだめなら

医師に直ちにご相談いたします。

鍼灸院で治療が可能か、否か、

医師にお任せするするのがよいのか、この判断に誤りがあってはなりません。

幸いこちらの治療も可能と言う回答をいただき、

 

経絡鍼灸で、生命力、免疫力を高め、

少しでも西洋医学のお役に立ちたいと、また強く思うのです。

 

やっぱり幸せです。

 

 

 

 

 

はり師及きゅう師、臨床実習指導者の修了証書を、授与していただきました。

2019年04月03日

平成最後の、31年3月30、31日、二日間受けた講習は、

臨床実習生のためのものです。

 

単位の取れる、

鍼灸院として、厚生労働省が認めます、

と、言うようなもので、

権威ある修了書のようです。

 

この資格を取っていただきたいとの、要請が主催者からあった時、

何で今更?と、正直思いました。

しかし、

「経絡脈診を希望する生徒もおりますので」と主催者の説明に、

心を決めました。

 

講義時間の、拘束が長く、

二日間で16時間ということに、脱落の、二文字がよぎり、

少し心配しました。

 

無事終了となり、

現在鍼灸師が110万人とやら、

そして、

夢と、現実のギャップ等々、

昔も今も大して変りないことも、

濃い授業を通して知ることができたのです、

ただ、どんなに現実が

厳しいものでも、

学びを、続ける強みは、確信できました。

 

私には、北海道で20年間、

月1度の勉強会を、一度も休まず続けてきたという、

仲間がおります。

私たちにとって、続けるという当たり前のことが、

実は、大きな信頼の積み重ねなのかもしれません、

 

若い仲間が主役となる日も近いと確信しております。

 

もう少し頑張ってみたいと思いました。

ページ最上部へ