院長のひとりごと

3年前、モンゴル、ウランバートル国際伝統医学学会の思い出。

2020年12月10日

3年前、12月8日の思い出です。

 

3年前の今日、ウランバートルで開催された、国際伝統医学学会で、

東洋はり医のプレゼンをさせていただいた、

そのときの写真です。(FBに掲載)

 

11月末、モンゴル領事館から、打診が有り、

一も二もなく快諾いたしました。

三泊四日ですから、かなり慌ただしい日程です。

 

初めてサポート役のUさんと治療室でお会いしたとき、

美しい人という印象が、鮮やかでした。

彼女は、日本の国立大学留学後、領事館勤務、30代の若さです。

 

美しい人に相応しく、立ち居振る舞い、所作などはもとより、

何より配慮が細やかで、

式典は勿論のこと、滞在中は、おんぶに抱っこで、お姫様させていただきました。

ウランバートルでは、国賓と言うことも有り扱われ方もかなり丁重です。

でも、

私にとって、見るもの聞くものが、珍しすぎて、

貴賓席に座っているのは勿体なくて、

西側トイレ、次は手前のトイレと、

あちこちトイレ探検と称して、

開け放しのお部屋など、ウロウロ楽しみました。

 

写真の会場は(FBに掲載)、モンゴル王宮の中にある、国会議事堂で、

居並ぶ方々は大臣です。

お別れ時、次も楽しみにしていて下さいと、お約束いただきましたのに、

まだそんな気配はありません。

 

次は、私でなくても大丈夫です。

若い世代に、バトンを渡す準備は既に出来ているのですから。

と、言うわけで棚からぼた餅、またまたあると嬉しいなぁーです。

 

12月8日FBに掲載いたしました。

感染拡大コロナ禍の中、鍼灸治療もお役に立てること色々ありますが、その中の一つです。

2020年12月05日

おはようございます。

本日のテーマは、

感染拡大コロナ禍の中、鍼灸治療が出来る治療法を考えました。

こちらはFBに載せたものです。

***

仕事が一段落したので、

ケーキタイムに致しました。

ケーキの箱を開けたとき、

ゆずの香りがふんわり立ち上がり、

仕事の緊張が、解けてゆきます。

味わってみると、これがたまりません。

心が復活ーって叫びます。

このところの、コロナ禍緊張で、

唇、一文字、への字は当たり前、心の中は苦虫毛虫です。

自分の身は自分で守る、そんな毎日が、重なり、

 

疲れもかなりピークですが、

美味しいケーキにすっかり、満足して、

ご機嫌になりました。

ところで、

このところ、札幌のコロナ禍は、身近まで、包囲網をジワジワと狭め、逼迫感大です。

頼りは手洗い、マスク、

そして、

当鍼灸治療院では、

陰陽五行の陽経大腸を調えるが、主役に躍り出ています。

くっさーい、オナラは大敵ですよー、って言うと、

変顔で✨、笑いをこらえてうなずいてくれます。

そんなこんなで、本日も仕事を終えました。

どうぞ、大腸調えるも、

コロナ禍の対処法として加えてみては如何でしょうか?

経絡鍼灸師からの提案でした。

****

以上のようにFBで発信いたしました。

お役に立てると嬉しいです。

89歳老女詐欺事件を陰陽五行論で考えてみました。

2020年11月20日

本日は、つい最近起きた89歳老女による、詐欺事件について考えました。

 

おはようございます。

11月晩秋です。

この数日小雨が続きます。

木枯らしが吹くはずなのに、

やっぱりなんだか生暖かく、

季節感が、狂います。

ドイツでは、小春日和を、

「老婦人の夏」と称すのだとか、素敵だなーと、うっとりしていると、

89歳の老女の起こした、とんでもない詐欺事件が聞こえてきました。

ここ数か月、スマホでトピックスの上位しか見ていませんので、

この手の情報とは、縁がありませんでした。

老貴婦人とは形容しがたい邪悪ニュースに

たぶんこの老女は、

体力的、知能的に五行のバランスが、邪悪に整って、

イヤーァ、我ながら笑っちゃう表現です。

邪実に満ちたる行動も、生きる原動力になっていたのでしょうか???

等々考えながら、

「ミカドの淑女」(林真理子著)に似ていることに気がつきました。

随分以前に読んだ本なので、

忘れていることも多いのですが、

末路はかなり、寂しく、惨めです。

単純明快で不器用な、アップダウンの激しい道を歩んだ私には、

理解しがたい老女の生き方です。

本日もまた、単純明快人生で、過ごしたいと思うのです。

お読みくださった皆様の一日が、

明るいことをお祈りして、

発信させていただきました。

コロナ禍、第3波の状況下で、鍼灸宣伝致します。

2020年11月19日

ホームページをご覧くださいまして、ありがとうございます。

最高の喜びです。

さて本日は、

昨日FBで発信いたしました、「コロナ禍第三波に、鍼灸選択お薦めいたします」

の、鍼灸宣伝いたしました。

以下FBより・・・・

おはようございます。

経絡脈診専門家、稲富順子です。

ご提案です。

今年度暮れから、年明けまで、

この第3波襲来で、

気をつけよーって、緊張しています。

自然治癒力・免疫力・生命力、強化するぞーが、必要になっています。

こんな状況下、

鍼灸治療も、おすすめです。

東洋医学の観点から、発信いたします。

お近くで、経絡脈診鍼灸の治療院がお有りでしたなら、

ご相談お薦めいたします。

老婆心でした。

・・・・

以上思い切って発信いたしました。

と言うのも、当院を、ご利用くださる皆様に、

「自然治癒力、免疫力・生命力強化の治療」を一つ加えさせていただいております。

参考になさってくださいませ。

 

本日も皆様に幸せが訪れますように、願っております。

 

 

コロナ禍の中ではありますが、無事年2回恒例の、当治療院で働いてくださる方や、関連のご家族と懇親会開催出来ました。

2020年11月08日

当治療院で、働いてくださる方や、ご縁のある方々をお招きして、

続けてきた、懇親会のお話です。

 

ここ最近は、家族の子供が中心になり、

お子様向け、パーティーと変化しています。

さて昨夜、

今年度初パーティを、

いつものタツミキッチンさんで開催いたしました。

 

前日夜、11月6日、札幌市から、コロナ禍警戒レベルが、

ステージ3に引き上げ、

外出自粛が発令されたと、ニュースで知り、

 

慌ててすったもんだと調整し直し、

時短と言うことで決行です。

 

全員の参加は無理でしたが、継続の楽しさは、格別でした。

年2回夏と、冬に開かれ、

初めは、食べ飲み会中心でしたが、

既に10年です。

 

主役が子供たちに入れ替わり、いつしか家族パーティーに姿を変えました。

 

首を長ーくして、待ってくれる子供たちの様子は、

初めのご挨拶に現れます。

 

グラスを持ち、おずおずと

「本日はお招きくださいまして、ありがとうございます」と

小さな声ですが、嬉しそうに言ってくれるのです。

 

この瞬間イナトミは、幸せ感に舞い上がり、弾む心を隠しきれません。

 

集合アップ写真のマスク姿、緊張マックス伝わりませんか?

降りかえったとき、素敵な思い出写真のトップになること請け合いです。

 

さて、発見です。

S家族さんの長女Rちゃん10歳、

いつの間にか、小さなレデイに、成長していました。

身長も半年の空白を思い知るほど伸びていました。

それより何より、精神力成長も感じました。

心の中で、レデイデビューを決意してお席に着いたと思われます。

テーブルマナーから品位を学ぶ姿がありました。

 

なんと素晴らしいのでしょう、

ここから巣立った子供たちは、年長さんは既に大学生です。

また会いたいですねぇ。

 

この子たちの成長に触れると、

もう少し、現役でいたいなぁーと、

天に向かって、お願いしてしまいます。

本日のFBにアップいたしました。

よろしければFBにご感想などいただけると、嬉しいです。

でもその前にお友達申請が必要になりますが、

どうぞ宜しくお願いいたします。

11月初めの飛び連休を、皆様は、どのようにお過ごしでしたか?私は今まで求めていたことの一つに巡り会えました。

2020年11月04日

11月初め、嬉しい飛び休日で、夢のような、別世界体験をさせていただいたという物語です。

ことは、半月前、奇跡としか言い様がないのですが、

あっ、お仲間に入れてもらえたことが奇跡というのです。

 

若ーい起業家さんたちとの飲み会で、

一泊で、思いっきり、懇談したいなー、との声から、

トントントーンと、叶った夢なのです。

到着したのは、夜6時、

森の中は、既に暗く、

足下にまとわりつく落ち葉に、注意を払い、

小高い階段を、ゆっくり転けないように登りました。

そこにはお城がありました。

今夜の会場、ゲストハウスです。

本日のお仲間のお一人が、

ここの経営者さんで、

えぇーっ!

びっくり???と、同時に、

知らぬこととはいえ、かなりのご無礼の数々、

あちゃー☀☀☀、と、赤くなったり、青くなったりです。

 

ここのゲストハウスは、

日本を代表する、建築家、長谷川逸子氏が

若い頃に手がけた、建築物なんだそうです。

(是非、Googleで検索をお薦めいたします)

内装やデザインは、数十年前の物とは思えないほど、

最上級の贅沢に溢れ、

どこを切り取っても、絵になる風景でした。

 

うっとりと、夢見る時間は瞬く間に過ぎ、

夜7時から始まった懇親は、夜中2時にお開きでした。

 

さて、当然のように、食べ飲み会は盛り上がり、

お料理などもかなり贅沢で、

いえいえ、品物の多さではなく、内容の濃さです。

メインはチーズ料理、「ラクレット」スイス料理だそうです。

目の前でハードチーズを電気器具で溶かしながら、

パン・野菜等にのせて熱々を頂くのです。

もう、うっとりどころではありません。

 

そして、

翌日は彼の会社、

「電気ヒーター」PS HR(E)(検索は「北海道ピーエス(株)です。)

こちらでもかなり高級な学びを、させていただきました。

この工場見学後、頭が唸り続け、

かなりの学習量を頭に詰め混んだことと、関係あるようです。

 

この振り返りも出来るだけ早い機会に、アップ出来ると良いなと考えます。

 

本日は肝心な所だけを書き込んでみます。

 

電気ヒーター技術職人さんについて、

そりゃあ、

扱う商品はステンや銅、アルミと鍼灸とは全く別物だと思います。

でも、

技術職人には共通の心があるのかも知れません。

この項は、またこの部門だけを取り上げるつもりでおります。

 

10ヘクタールの広大な土地に建つ工場は、

ゲストハウスとおんなじ森の中です。

自然の中での仕事環境を解説頂きながら、

 

あーぁ、彼には、

私が見ている現風景より

遙か先の、数十年単位という彼方を見つめているに違いないと、

確信したのです。

このような仕事環境を生活空間のように整えてきたことに

思いを馳せました。

さて、最後に、

幸せって、時々降る星のよう✨✨✨です。

突然に降ってきた物でも、

しっかり両掌で、こぼれ落ちないように、受けるのが、うまくなっています。

 

以上は本日のFBで発進させていただきました。

これからも、小さな幸せを積み重ねたいと願っております。

是非皆様の幸せも、お伺いできたならと、思います。

返信などは、FBでお待ちいたしております。

車イス建築士の目線から見えるもの・・セミナーを受け、新たなことに挑戦したい気持ちがわいてきました。

2020年10月25日

10月15日夜、所属しております、中小企業同友会女性部の勉強会に出席し、

強い感銘と、これから向き合わうことになるであろう、方向性を学んで参りましたので、

報告がてら公開させていただこうと思いました。

***

おはようございます。

昨夜の勉強会は、心が洗われて、邪気が吹っ飛んで、清々しかったぁー❤

同友会、女性経営者部会が主催、お仲間の、車椅子建築士さんが講師でした。

平成17年に、突然のウィルス性脊髄病で、車椅子生活が始まり、凹み、閉じこもり、自信をなくし、

それが、

家族の励ましと同時に、

手動式車を手に入れ、

この時の彼女の生き生きした、

感動が、ぐいぐい伝わり、運転できる喜びに、

気がついたら、北海道の最北端、稚内まで、車を走らせていた。

あーぁー、神様ですよね。

いえ、いえ、彼女はそんなふうには、言っていません。

私が心で喝采を叫んだのです。

稚内から、また札幌まで、どの様にかえられたのかは、聞きそびれました。

そして、出来なくなったことを、残念だと思うより、

出来ることをしない方が、残念だと思えるまで♥♥

と、何度も口にされていました。

復活後のご活躍は、かなりなもので、目が点です。

普段の生活で健常者には何のこともない、動作一つに、

かなり深読み必要がありました。

たとえば、街での一人買い物で、

ヘルプが必要になった時、周りの人たちを見て、

優しそーな方を選んで、お願いし、

そして付け加えた一言が、凄いのです。

優しい方のそばにいるお子さんは、お父さん、お母さんに似て、

やっぱり優しい、

彼女はさらりと、話されるのです。

 

平成28年、ノーマライゼーション住宅財団福祉助成リフォーム部門、1位受賞、

トライすることに意義があると挑戦され、

まさかの1位受賞と言っておられましたが、

特別な思いが溢れていました。

 

最近は電子書籍、

「車椅子建築士目線で見た☆まちの中にバリアがいっぱい、」前編・後編、500円で、

Amazonから発売されているそうです。

 

 

さて、

ここからは自分のことです。

鍼灸師としてかなり、

仕事空間、生活空間は狭く、世間知らずで、

あっ、これは違いますね、

ただの不勉強でと、言いたいのです。

 

冗談はさておき、早くも30数年経ちます。

その間、勉強仲間が増え、とくに最近は、大人数から、個人的なグループでの小さなものまで、

はじめは、枯れ木も山の賑わいだからと、人数あわせの気分もあったのですが、

現在は、

仕事も、個人的にも、かなりの肥やしになり、

そして昨夜のセミナーです。

 

また目標が増えました。増えてばっかりなのです。

誰彼にヘルプをお願いされるほど、

優しさを身につけなければを、掲げます。

かなり人見知りが激しいので、

これ強調します。が、誰も信じないよなーぁ、

一見ツンデレらです。

これは、まずいよなーぁ、

人見知りなんて、こんな年齢で言ってられませんね。

明日は我が身です。

私もすぐそこに、

皆様にヘルプをお願いしなければならない、年齢に入っております。

ツンデレら、卒業に向けて、まず、優しい心を、積み上げよーっと、

 

最後まで、お読みくださった方へ、

感謝を込めて、どのような感想をお持ちくださいましたか、是非お聞かせください、

彼女は進行性の病とのこと、将来の不安もあるはずです。

でも、

「出来ないことを残念だと思うより、出来ることをしない方が残念だ」と、

前を向けるまでの心境に、

私は一歩でも近付きたいと思うのです。

本日も昨日とおんなじくらい幸せでありますように。

****

FB、10月15日夜掲載より。

 

札幌での勉強会を再開して4か月が経過しました。

2020年10月21日

コロナ騒動の自粛が解けた6月、おそるおそる、

月1度開催の、札幌の勉強会を再開致しました。

平常なら20名ほどの参加者ですが、

このような状況下です。

残念ですが、地方からの参加者は、公共の乗り物が怖いと言うことで、不参加が続きます。

当然と言うか、仕方がないというか、

お借りしている会場からは、(東札幌、産業振興会館)

三密を避けると言うことで、

20名参加には、40名から60名の広さの会場が割り当てられ、

会場料金もそれに合わせて、跳ね上がる仕組みです。

このようにして4か月経った今、

こんなにも

心待ちにしているのか、会場は熱気にあふれんばかりです。

 

***FBより、

はっきり言います。

午後1時まで、15分前です。本当のところ、まだお昼休みです。

それなのに、

待ちきれないように実技が始まり、

グループの輪が広まって行きます。

コロナ騒動で休会が3か月続いたのですが、

6月、再開です。

聴講生も集まり、当たり前のように、実技風景が広がります。

いいなぁー、

20年間休みなく開催し続けた、月に1度の東洋はり医、勉強会、幸せです

***

以上10月18日の風景をFBに掲載いたしました。

 

 

コロナ騒動が、トキメキを、運んでくれました。

2020年10月11日

ここまで続いたコロナ体験で、

私自身が、考えたこと、感じたこと、

そして次に、何を考えなけらばならないのか、

自分の目線で、一度整理することも、必要な時期にきているはず、

なぜなら、次、

鍼灸師の私が、これからすべき方向を、探し求めているのです。

コロナ騒動勃発と同時に、

全身から、消毒シグナルが最高潮に鳴り響き、

直ちに実行モードマックスで、

始動開始です。

このときの私は、火事場の馬鹿力が発揮されます。

この性格は、子供の頃からで、

いつも周りに、あきれられたり、

それでいて、面白がられてきました。

 

消毒、それはまず忍び寄る危機に対しての、防御です。

自分に対しては、緊張感を、自己管理を、忘れてはならないに尽きます。

仕事人としても、一般人としても、この心で、過ごそう、

そう、決意と言っても大げさではないと思います。

今、

治療室始め、自分の生活空間も、手直しが始まり、

ついでのついでも必要と願っていると、

最高に波長の合う、施工オーナーさんが出現、

自宅まで、あちらこちらの見直しを、始めています。

で、

ここまできて気がついたのですが、コロナ騒動が勃発したからこそ、

重い腰が、エイヤーっと、軽々と持ち上がり、

今は、

この手直し、見直しに、トキメキが生まれているのです。

トキメキって行動とともに在るんですね。

さらにこのトキメキを、どのように、続けるのがベストなのか、考えたくなりました。

本日はここまで、

現況発信をさせていただきました。

是非皆様の、コロナによって、今までを振り返り、

次はこんな希望を持っているよ、

等々お聞かせくださいませ。

きっと、良い方向が生まれるはずです。

**10月7日FBに掲載**

 

パティスリー・シイヤ、SAPPORO(スイーツ店)のオーナーシェフさん

2020年10月06日

パティスリー・シイヤ、SAPPORO 中央区北5西21

SAPPOROで超人気、スィーツ店です。

さて、

お菓子大好き❤スタッフ二人から、

「先生っ!シイヤスィーツ、知らないんですかーぁ、って」冷たくかえされたり、

シイヤオーナーと話をするそばで、スタッフ二人は、

明らかに、ソワソワ、聞き耳をたてて、いつもと違います。

そんなこんなで、

スタッフ二人の

ケーキ食べたーい、

焼菓子でも何でも良いから、食べてみたーい、コールで、

土曜日午後4時、

お店へ買求めに行きました。

が、

ショーケースは、すっからかんの空っぽです。

ほぼ完売です。

 

実は、オーナーシェフと、

最近お知り合いになり、

同じ職人同士と言うことで、

お会いする度に、話が盛り上がり、

修業時代のことまで、質問をしたりで、かなり突っ込みさせていただき、

スケールの大きさに、舌を巻いたり、

私的に、

陰陽納音(なっちん)を引用すると、

彼は大海水ならば、私は井泉水、ほどの違いです。

彼は大人で、私は生まれたての赤ん坊ほどの、違いがあります。

余談ですが、

私は自分の井泉水、かなり好きです。可愛いもの❤

いわゆる天然が残っています。

あっ、大人になる努力もかなり積み重ねてはいますけれどね、

納音(なっちん)は陰陽論色体表、ご興味お有りの方、

是非、治療室へ、お運びくださいませ。

さて、

シイヤ オーナーシェフの続きです。

フランスや、ベルギーで数年修行され、

一歩一歩の体験は、

宝物になっているとのことです。

 

さて、ケーキを買いに、

いそいそお店に到着し、

あら、ら、空っぽだわーと、残念がってる私同様、

お客様が、次々とお越しになるのですが、

ショーケースが空っぽと知って、

残念そうにお帰りになったり、あきらめない面持ちで、

残ったものを(焼菓子)求めたりと、人気ぶりがうかがえます。

店員さん、5~6人なんでしょうか、若く清潔感あふれていて、好感度かなり高めです。

それにもまして、厨房の修行中の若者の多さに、びっくりです。

ますます好奇心が、高まります。

シイヤオーナーの、次なる目標も、

これまたスケールが大きく、

ワクワクが募ります。

でも目の前の問題として、バースデーではないけれど、

バースデーケーキ、予約しちゃいます。

まず、食して見たいのです。

そしてまた貴重なお話の続きを聞かせていただきたく思うのです。

 

鍼灸人の端っこにいる私にとっても、修行の大切さは、

スケールが違っても、

つづけること、大切ですね。

幸せな出会いをご披露させていただきました。

(*FBにて発信済み)

 

 

ページ最上部へ