院長のひとりごと

異国での鍼灸体験、思い出話2

2018年06月11日

本日は、異国でホームステイをさせてくださったMさんです。

 

たまたま同じ日本の経絡鍼灸を学ぶ、Mさん(40歳)とイナトミは昨日まで、

まったく知らない同士でした。

 

そのさんのMさんが、同じ日本伝統の経絡鍼灸師ということだけで、

数日間ご一緒することになり、

そのうえ、彼の家へ招かれての宿泊です。

 

2人の男の子と、奥さん4人家族です。

職業はもちろん、鍼灸師です。

風光明媚な田舎で開院し、4,5年経過しているとのことです。

 

先にも書きましたが、日本伝統鍼灸だけを、経営をされ、

何より、盛況とのことなのです。

 

建物の外観について、

「うーんお家賃たかそー」ガラスがふんだんに使われ、

オフイスは、足元までしっかり見えます、

カーテン、ブラインドはなく、夜、電気が付くと、部屋の中は丸見えです。

 

彼の鍼灸クリニックは、デザインが優れ、

壁一面がガラス、カーテン無し、

10坪くらいの部屋にポツリと一つベッドが置いてあるだけの、広々とした空間で、

高級な清潔感があふれています。

 

1時間に一人の患者さん

1日に7・8人くらいの方を治療されるそうです。

予約は常にいっぱい、

 

「僕は運がよかったのです」あの言葉をつい思い出してしまいます。

 

イナトミは自分を顧みました。

 

20年前、

自分一人が働くための治療院として、間取りを決めました。

 

最近は、スタッフに加え、

その他に研修鍼灸師が、訪れ、癒しの空間とは言えない状況です。

 

こうして、自分を振り返ることの多い、異国での鍼灸体験が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

今回訪れた異国での鍼灸記、いろいろありましたので、まとめてみたいと思います。1

2018年06月09日

今回、訪れた異国で、イナトミは多くのことを見聞いたしました。

本日から、彼の国で体験したことなどをお話しさせてください。

 

さて初めに、

日本の伝統鍼灸師として、

クリニックを営業、

院長を務めているBさん・男性・40歳のお話をいたしましょう。

 

Bさんの免許は鍼灸専門で、ほかの免許はありません。

 

今回訪れた異国では

1、ドクターであっても、鍼灸だけで治療をなさっているグループ、

2、獣医で鍼灸を取り入れているグループ、

3、鍼灸師としてのグループ、

この3っのグループに招待を受けました。

 

日本の伝統鍼灸専門で、中国の鍼は取り入れていない方々の集まりでした。

 

Bさんは鍼灸師免許を5年ほど前に取得されたそうです。

現在鍼灸師のレベルが上がり、なかなか取得できないということで、

彼は「自分は運がよかったのです」と何度も口にされていました。

 

彼の家へ2泊させ頂きましたので、夕食後は延々と勉強が続きました。

 

生活水準は高く豊かな収入であることがうかがえました。

 

 

 

 

 

 

続きを、後ほど書き込みます。

総合病院の中にある小児科で、鍼灸3日間体験記です。

2018年06月07日

総合病院で、小児科として働く女医Aさんは、

2年前、私の鍼灸院を訪ね、「古典伝統鍼灸を学びたい」と、告げました。

その時の説明では、

「日本の伝統鍼灸、小児科・クリニック」を立ち上げたいと、

いうことでした。

 

その、Aさんから、「自分のクリニックに数日間、鍼灸を手伝いに来てほしい」

と依頼があり、

願ってもない申し出に、

一も二もなく「はい」と、

即答させていただきました。

 

鍼灸は病名治療ではなく、

五臓のゆがみが原因で起こっている、病状に、

治療法として、問題を起こしている「気・血」を

整えるだけの

現代医学では、理解不可能なもののはずです。

 

鍼灸を学んでいるイナトミにどんなお手伝いができるというのでしょうか。

 

結果は驚きの連続でした。

 

個人病院を開院されたと思っていたのですが、

総合病院の中の一つでした。

 

耳にしたこともない病名の患者さんが続きます。

「トゥールサハント症候群」

「シューベール症候群」、、、、

 

Aさんの診たてた、経絡のゆがみが、正しいか、否かを、

イナトミに、

確かめてという願いでした。

 

その結果、経絡を整える鍼灸を

医師自身の手で行い、

終了です。

 

「薬を最小限にとどめたい」その治療法を鍼灸に求めているに違いありません。

 

12月まで予約がびっしりと入っているのにもかかわらず、

病院の方針として、まだ、まだ、患者さんが待ち続けている状況に、

打開策を、考えている様子とのこと、

 

そんな隙間もないほどの予約の中にあって、なお、

Aさんのことを気にかけている、

他の医師から、

彼らの診ている、例えば末期の政府のお偉いさんを診察・診断・鍼治療してほしいとの依頼が入り、

勿論おともして、その政府高官さんの脈も見せて頂いたりと、

イナトミは、びっくり体験連続です。

 

その日彼女について、総合病院の建物から、別の建物へと、

歩き続けました。

万歩計は1万を超えていました。

 

これは、未来の医療の姿につながるのでしょうか?

 

この1週間、このほかにも、中国鍼灸中心に治療をされている医師や、

獣医さんからも、

依頼があり、日本鍼灸の脈の診方、

医師ご自身の体調悪さの診断など、

かって体験したことがない、日々を過ごしました。

こんな日々だったことをまず報告させていただき、

細かなことは、おいおいさせて頂こうと思います。

最後までお付き合いいただき感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよワクワクする小児科医師との初体験が始まります。

2018年05月29日

人生幾つになっても、初挑戦って、

心が躍りますね、

 

本日、3日間連続、若い小児科医師たちが求める、

「陰陽虚実・経絡脈診」勉強会に向かいます。

 

「えーぇっ、ほんとの話?」とか言いながら、即答する無謀ものです。

 

開催者の言うことには、

30名くらいが集まるそうですから、

質問が怖ーい、っておびえてもいます。

 

て言いながら実は、やっぱりワクワクしているのが本当のところです。

 

レポートは不妊治療まで希望ということですから、

小児鍼だけでもなさそうです。

 

漢方薬が、厚生省に承認されて10年ほどになりますでしょうか、

 

いよいよ鍼灸も動き始めている手ごたえを感じています。

行ってきまーす。

超忙しい方の不妊治療が始まりました。

2018年05月25日

常日頃、肝の変動で治療をなさっている、A子さん30代後半、

重責を担う役職に就き、根っからの仕事大好き人間です。

 

結婚してまだ日も浅いのですが、

すぐにも赤ちゃんが欲しい、

ということで妊活が始まりました。

と言っても、仕事に向き合う姿勢は、まったく変わりません。

 

イナトミ治療院では、不妊治療の特効穴と、言われている穴は、

安定期まで使いません。

 

近々小児科医師のグループ勉強会で、

妊婦治療の依頼をいただいておりますので、詳しくお話しさせていただく予定です。

 

A子さんのところに、一日も早く、赤ちゃん誕生となることを

祈りながら、

同時に、

仕事の量が減るように、

少しゆっくリラックスができますようにと、

 

成功するための条件に付いて、ちょっとため息です。

 

追って発信させていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

余命って何だろう?

2018年05月23日

余命数か月と宣告された患者A子さん、80歳・女性です。

 

昨年10月、余命数か月の宣告を医師より告げられたそうです。

その月数はすでに超えました。

 

本日来院された折、

徳之島へ、孫の顔を見に行ってきたと、

お土産をくださったのです。

 

あんまりクライマックス的なことは、

人生何度も起こることではないと思うのですが、

目の前の方は、

まさにそれです。

 

いたって満足そうで、

 

「やったね!」って全身で笑っています。

 

うれしくて大いなるものに感謝せずにはいられないイナトミです。

こんな幸せそうそうあるものではないのに、

ついついほかの患者さんにもこの劇的が訪れますようにと、夢見てしまいます。

最後に、

決して鍼灸だけの力だとは思えないのですが、

気血の調和がこの方に働いたのだと思われます。

 

感謝の言葉をもって発信いたしました。

 

 

 

 

小児科医のグループに小児鍼の講義をする日が近づき、やっと原稿が仕上がりました。

2018年05月23日

若い小児科医のグループから、講義の依頼があったのは、

まだお正月気分も抜けない頃でした。

その頃は、モンゴルから帰ってきたばかりでしたので、

未知なるものに挑戦したいと高揚していました。

 

その日が近づいています。

発表の原稿も、朝方やっと、

ふうふう言いながら仕上げました。

 

勿論書きながら、医師グループはいったい

「東洋医学の何を学びたいのか」と、何度も不安になりました。

 

あちらの代表からは、小児鍼についてどんなことも聞きたい、

どんなものも、見たいと、かなり、本気を出しています。

 

小児鍼の効力をまず取り上げ、原稿を送ったところ、

これだけではなく、

病症についても聞きたい、

 

いよいよ肝っ玉を据えなければならない様子です。

 

そんな依頼に応えたいと、小さな病症も取り上げてみました。

 

妊婦さんの治療も、加えてみました。

 

不妊症や、妊婦治療は鍼の最も得意とするところですから、

望むところですが、

さて陰陽虚実がうまく伝えることができるのでしょうか。

 

最後に夜尿症、疳の虫を書き上げ終わりといたしました。

いつもの「やるっきゃないよな」とつぶやいて、

自分を奮い立たせています。

 

 

 

 

そんなわけで今朝も雨降りですね、寝る前の心がけについて、考えてみました。

2018年05月19日

いつも院長の独り言をお読みくださる皆様へ、

温かなお声を掛けて下さいまして、感謝いたします。

そんなこんなで、ちょっと書き込むのが楽しいです。

 

昨日、患者さん・女性60代、と、こんなお話し、したのですが、

如何思いますか?

患者さん「昔から、花を見ても、野良猫を見ても、何を見てもかわいそうと思ってしまいます」

うーん犬とは言ってなかったなぁ、

「小さな花も摘み取るのは、かわいそうでできません」

イナトミ「あらら、難儀なことですねぇ」

・・・・・

イナトミが思うには、

どのような生き物も、もちろん植物にあっても

自分の置かれた環境で、生きてゆくことしかできない現実があり、

かわいそうと思う自分にも、日々の現実があるわけですよね。

 

最近、悲しいニュースや出来事を寝る前に、

見たり、聞いたり、おそらく読んだりも入るのだと思うのですが、

やめた方がいいよ、と知りました。

 

心にかわいそうにという心を持ったまま寝ることは、

十分、癒されない眠りになってしまうらしいのです。

 

イナトミはいつも治療後のアドバイスに、

体に合った食育・質の高い睡眠・そしてストレスからの解放、をうたっております。

 

暗いニュースが続いておりますが、就寝前にご自分の心を、

解放し、

元気な心で、朝を迎えましょう。

イナトミ自身にもそう言い聞かせて、まずはベッド周りを清潔にと、

改めて、

心がけをし直しました。

 

今にも雨が降りそうな空模様の朝です、体調天気予報は、この分では、じとじと、べたべたの訴えが多いでしょうね。

2018年05月17日

おはようございます。

天気予報、日曜日まで雨模様です。

今朝の空模様も雨が今にも振り出しそうです。

体調もじとじと、べたべたのの訴えが多くなると思われます。

心にもその影響は出ちゃいますね。

と、ここにきて、とうとう振り出してしまいました。

体も心も、陽気不足の方にはつらいでしょうが、

やがて雨も上がります。

水分の取りすぎ、甘いお菓子や果物をちょぴり控えて、

過ごすことをお勧めします。

 

 

40歳前半の彼女です、美しさはだれにも負けていないはずなのに、なお、お手入れに余念がないのですね。

2018年05月16日

つい先ほど予約が入りました。

 

娘時代から美しさでは際立っていた彼女もいつの間にか

3児の母です。

小顔だし、色白だし、もちろん身長もあります。

時々和服のモデルを業者から頼まれていました。

でも、実際は和装より、洋装がお似合いです。

 

イタリアをご縁あって、一緒に旅行した時、

華やかさは現地の女性にも負けなかった記憶があります。

 

久しぶりに

彼女から、大きなシミが悩みなので、何とかしてください

との予約が入りました。

美しさは、ぼーっとしていると、消え失せるものですね。

ちょっと腕によりをかけて、

すてきで、華やかな、その上気品あふれる、うらやましい限りの、

彼女に戻してみたいと思います。

 

ページ最上部へ